保育園・保育所における待機児童の現状

待機児童の増加が家庭に及ぼす影響とは?

待機児童数の増加が連日ニュースなどで取り上げられるほど、社会問題になっていますよね。
小さい子供がいる世帯では、非常に関心が高く、危機感を感じる問題です。

待機児童が増えるとどのような影響を家庭に及ぼすかおわかりでしょうか?

待機児童が増加すると、まず、母親は働きに行くことが困難になります。
すでに正社員で働いており、育児休暇中の方は、職場に復帰できなくなりますし、出産後落ち着いたらパートなど働きに出ようと思っている人も、諦めないといけない状況になります。

これは、家計を逼迫させ、世帯の経済状態を悪化させるだけでなく、働く場所を失うことにつながります。
仕事にやりがいを感じているのは、何も男性ばかりではありません。
女性の社会進出が目覚ましい昨今、家庭と仕事を両立させている方も少なくありません。
待機児童の増加は、そのやりがいや社会的地位まで奪うことにつながるのです。

また、待機児童がさらに増加し続け、保育所や保育園などの保育施設に預けられない状況が解消されないと、女性は安心して出産できなくなります。
出産しても預け先がないということになれば、子供を産み育てることに迷う女性も増えるのではないでしょうか。

その結果、子供を産んでほしい男性と産みたくない女性との意見の食い違いによって、結婚さえしない女性も増える可能性もあります。

待機児童の増加は、家庭の経済状況の悪化をもたらすだけでなく、少子化や晩婚化までも促進してしまうのではないでしょうか?

家庭が家庭として成り立ち、子育てと仕事の両立、生活面の安定のためにも待機児童の問題は、一刻も早く解消してもらいたいものです。
<スポンサーリンク>
いま、待機児童の増加が社会問題になっています。 では、待機児童が増えればどんな影響が出てくるのでしょうか。 待機児童が増加し続ければどのような状況になってしまうかを、こちらで説明しています。