保育園・保育所における待機児童の現状

待機児童が減らない理由とは?

待機児童数は、平成27年4月現在で23167人となっており、増加し続けていた待機児童数は、5年前のピーク時以降、わずかながらではあるが、減少しています。

各自治体や政府などは、待機児童の解消のために、様々な取り組みを行っていますが、待機児童数の数は、思ったほど減ってはいません。
少子化と叫ばれてずいぶん経つのに、なぜ、待機児童が減らないのでしょうか?


待機児童が減らない理由としては、いくつか考えられるのですが、一番大きな理由は、不景気だと思います。

景気の悪化によって旦那様の給料が減ってしまった、ボーナスがカットされたと嘆く主婦は多いと思います。
それによって、働かなければならなくなった専業主婦が増加し、保育所に入所させる子供の数が増えてしまったのです。
保育所の数は変わらないのに、入所希望者が増えたことが、待機児童を増加させているのです。

また、女性の社会進出も待機児童の増加の原因の一つだと思います。
出産を機に、退職していた女性も、ある程度の地位を得て、仕事内容に誇りを持っていると、出産しても続けたいと思うものです。
仕事にやりがいを見つけ、バリバリ働いている女性は素敵だと思いませんか?
その輝きを出産したからと言って失うのは、やはりもったいないですよね。
また、今や何が起こるかわからない時代です。
女性であっても経済的な自立は必要だと思います。

さらに、子供がいながら離婚や未婚を選択する女性が増え、シングルマザーとして子供を預けて働く女性が増えたことも、待機児童が減らない理由の一つではないでしょうか。

都道府県や各市町村は、協力して待機児童解消のために、保育施設への受け入れ枠を拡大しているのですが、それを上回る申し込みがあるため、常に待機児童が生じているのです。
また、人気がある幼稚園や保育所、あるいは都市部の保育施設は、遠方からも受け入れ希望者が殺到することも、待機児童が減らない理由の一つと考えられます。
トータルでみると、全国の認可保育所は定員割れを起こしており、需要と供給のバランスが取れていないことが問題なのではないでしょうか。

さらにもう一つあげるなら、マンションの建設が非常に多いことです。
狭い範囲に、何か所もマンションが立ち並ぶ光景をよく目にしますが、マンションを購入する世代は、主に子育て世帯です。
とすると、そのマンションが立ち並ぶ地域に保育所がなかったら、あるいは少なかったら待機児童が多くなるというわけです。

私個人の意見としては、マンションをたくさん作る場合や、住宅街を増やす場合は、保育所などの保育施設も同時に考えていただきたいと思います。
また、女性の社会進出も待機児童の増加の原因の一つだと思います。
出産を機に、退職していた女性も、ある程度の地位を得て、仕事内容に誇りを持っていると、出産しても続けたいと思うものです。
仕事にやりがいを見つけ、バリバリ働いている女性は素敵だと思いませんか?
その輝きを出産したからと言って失うのは、やはりもったいないですよね。
また、今や何が起こるかわからない時代です。
女性であっても経済的な自立は必要だと思います。


さらにもう一つあげるなら、マンションの建設が非常に多いことです。
狭い範囲に、何か所もマンションが立ち並ぶ光景をよく目にしますが、マンションを購入する世代は、主に子育て世帯です。
とすると、そのマンションが立ち並ぶ地域に保育所がなかったら、あるいは少なかったら待機児童が多くなるというわけです。

私個人の意見としては、マンションをたくさん作る場合や、住宅街を増やす場合は、保育所などの保育施設も同時に考えていただきたいと思います。
<スポンサーリンク>
待機児童は年々増え続け、平成22年で過去最大になっています。 各自治体は待機児童数を減らすために様々な努力をしていますが、その数はほとんど変わらず、待機児童の問題は解消の兆しが見えていません。 待機児童はなぜ減らないのか、こちらではそれを説明しています。