保育園・保育所における待機児童の現状

保育所への入所基準とは?

保育所への入所基準は様々あり、各自治体によっても異なりますが、一般的にどういった入所基準があるかご紹介しましょう。


保育所の入所は、10ポイント満点でポイント制になっており、優先順位が付けられ、入所が決まります。
では、保育所に入所するにあたって優先順位が上になるものを順にご紹介します。

【保育所入所基準指数表】

(10ポイント)

外勤で、週6日以上で1日6時間以上の就労を常態している
自営業で、週5日以上で一日6時間以上の就労を常態している
疾病により入院している
入院はしていないが、常時病臥、精神性障害、感染性である
身体障害者等級1級、2級、重度・中度知的障害者である
同居の家族を介護しており、病院等付き添いを常態している
特例措置で、火災等による家屋の損傷、その他災害復旧から保育に欠ける場合
週5日以上就学している
(9ポイント)

自営業の協力者で、週5日以上で一日6時間以上の就労を常態している
出産(産前2か月産後4か月間)である

(8ポイント)

外勤で、週3日以上で一日6時間以上の就労を常態している
自営業で、週3日以上で一日6時間以上の就労を常態している
内職で、週5日以上で一日6時間以上の就労を常態している
疾病により自宅で一般療養している
身体障害者等級3級、軽度知的障害者である
同居の家族で重度心身障害者、寝たきり老人等の介護

など、以下7ポイント、6ポイント、5ポイント続きます。
ないような自治体によって異なる個所もあるかもしれませんが、ご自分の状況と照らし合わせて、待機児童になるか否かの目安にしていただければ幸いです。
<スポンサーリンク>
保育所への入所基準は様々に合って、各自治体によって様々ではありますが、こちらで具体的にどのような入所基準があるのかをご紹介します。 入所には優先順位が付きますので、こちらでご確認ください。