保育園・保育所における待機児童の現状

待機児童のQ&A

ここでは、待機児童のQ&Aをご紹介しています。
ふと疑問に思ったことやわからないことなどをわかりやすくまとめています。
待機児童になったらどうしたら良いか、またならないためにはどうしたら良いかなどをご紹介していますので、参考にしていただけば幸いです。
<スポンサーリンク>

待機児童のQ&A記事一覧

待機児童の現状についてお話したいと思います。全国の待機児童は、平成27年4月現在で23167人となっています。ピーク時だった5〜6年前以降、3年連続で減少していたのですが、2年ほど前から増加してきています。保育園に入れない待機児童がかなりの数に上り、社会問題化している現状です。保育所や保育園などの認可の保育施設の管理・運営は、住んでいる自治体が行っており、待機児童に対する対応も、それぞれの自治体が...

いざ働こうと思っても、子供の預け先が見つからず、待機児童になってしまったらどうしたらよいでしょうか?まず、あきらめずに、自宅周辺の保育所などを探しましょう。認可保育所なら市役所や役場に行けばわかりますし、電話帳などを見ると保育施設がわかると思います。そして、たとえ入所の願書受け付け期間が終わっていても、電話などで問い合わせてみるといいと思います。私の子供たちが通っている保育園では、入所の願書受け付...

待機児童数の増加が連日ニュースなどで取り上げられるほど、社会問題になっていますよね。小さい子供がいる世帯では、非常に関心が高く、危機感を感じる問題です。待機児童が増えるとどのような影響を家庭に及ぼすかおわかりでしょうか?待機児童が増加すると、まず、母親は働きに行くことが困難になります。すでに正社員で働いており、育児休暇中の方は、職場に復帰できなくなりますし、出産後落ち着いたらパートなど働きに出よう...

待機児童数は、平成27年4月現在で23167人となっており、増加し続けていた待機児童数は、5年前のピーク時以降、わずかながらではあるが、減少しています。各自治体や政府などは、待機児童の解消のために、様々な取り組みを行っていますが、待機児童数の数は、思ったほど減ってはいません。少子化と叫ばれてずいぶん経つのに、なぜ、待機児童が減らないのでしょうか?待機児童が減らない理由としては、いくつか考えられるの...

待機児童と少子化の関係についてご紹介します。近年、少子化と叫ばれ続けていますが、少子化が進んでいるにもかかわらず、保育所などの待機児童数はほとんど減っていません。一般的な考え方としては、子供の数が少なくなれば、保育所に入所する子供の数も減り、待機児童数も減少していくと思いますよね。確かに、少子化によって、過疎化が進む地域は増えています。年配の方のみの村や、子供が非常に少ない地域、保育所だけでなく、...

多くの認可保育所・保育園では、11月末〜12月初旬ごろに翌年の4月入所・入園のための願書受け付けが始まります。待機児童にならないためには、まずこの願書受け付け期間は厳守しましょう。願書の受け付け期間は、保育所などによって異なりますが、私の子供が通う保育所では、1週間です。その期間内に願書を出し、面接を受け、選考審査に移るのですが、この期間内に済ませた方を優先的に入所させるようです。一度、息子が待機...

保育所への入所基準は様々あり、各自治体によっても異なりますが、一般的にどういった入所基準があるかご紹介しましょう。保育所の入所は、10ポイント満点でポイント制になっており、優先順位が付けられ、入所が決まります。では、保育所に入所するにあたって優先順位が上になるものを順にご紹介します。【保育所入所基準指数表】(10ポイント)外勤で、週6日以上で1日6時間以上の就労を常態している自営業で、週5日以上で...

気になる待機児童の疑問にお答えしています。 待機児童の現状、待機児童になったらどうすべきか、少子化との関連や、待機児童にならないためにはどうすればよいのかなど、知りたい疑問ばかりに答えています。