保育園・保育所における待機児童の現状

待機児童が少ない都道府県ランキング

待機児童問題は、子育て世帯にとって非常に深刻な問題です。
全国の主要都市を中心に、子供の預け先がなくて困っている世帯が数多くいます。
しかし、その反面、待機児童が少なく、子育てしやすい環境にある都道府県もあります。

 

ここでは、待機児童が少ない都道府県をご紹介しますので、これから新しく生活を始めようとする人や、引っ越し予定の方、出産をお考えの方などに、参考にしていただければ幸いです。

 

 

第1位:青森県、山形県、群馬県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、鳥取県、宮崎県

 

上記に挙げた県は、いずれも待機児童が0の県です。
待機児童がいないのは、子供の人数が少ないなど、様々な要因が考えられますが、待機児童になる心配がほとんどない県です。
青森県と新潟県は、何年も待機児童が出ていない県です。

 

第12位:京都府

 

待機児童が少ない都道府県の第12位は、京都府です。
京都府では、待機児童数が6人となっており、全国的に見ても少なくなっています。
居都市でも待機児童の問題はかなり改善されてきており、各方面の努力の結果と言えるでしょう。
しかし、待機児童数にカウントされない潜在的な待機児童の存在が懸念されていることも忘れてはいけません。

 

 

第13位:岐阜県

 

待機児童が少ない都道府県の第13位は、岐阜県です。
岐阜県の待機児童数は7人になっており、前年度に比べると、かなりの数が減少しており、待機児童になる心配はあまりないようです。

 

 

第14位:佐賀県

 

待機児童が少ない都道府県の第14位は、佐賀県です。
佐賀県の待機児童数は16人となっており、前年度に比べてかなり解消されています。
しかし、希望する保育園に入れない児童は多く、実際の待機児童数は、これよりも多いと予想されます。
その要因の一つに、保育士不足があり、待機児童の解消には、保育士の待遇改善や保育施設の増加などが必要です。

 

 

第15位:和歌山県

 

待機児童が少ない都道府県の第15位は、和歌山県です。
和歌山県では、待機児童数が18人となっています。
和歌山県は、常に待機児童が少ない都道府県としてランクインしています。

 

ご覧いただくとおわかりいただけると思いますが、全国では、待機児童数が全くいない県や、非常に少ない県も数多くあります。
つまり、主要都市では待機児童で悩んでいる方がいる反面、かたや保育児童が少なく、閉園の危機にある保育園もあるということです。

 

 

ご覧いただくとおわかりいただけると思いますが、全国では、待機児童数が全くいない県や、非常に少ない県も数多くあります。
つまり、主要都市では待機児童で悩んでいる方がいる反面、かたや保育児童が少なく、閉園の危機にある保育園もあるということです。

 

少子化を食い止め、保育施設を充実させるということは、非常に難しいと言えます。

<スポンサーリンク>
待機児童が少ない都道府県を、ランキング形式でご紹介しています。 これから新しく生活する、引っ越すと言う方の参考になればと思います。 子育てしやすい安心の都道府県はこちらの情報を参考にしてください。