保育園・保育所における待機児童の現状

主要都市の待機児童状況

ここでは、主要都市の待機児童状況についてまとめています。

東京都や大阪府、神奈川県、埼玉県、福岡県、千葉県、京都府、兵庫県の8都府県の待機児童数をご紹介しながら、待機児童が特に多い市町村や、待機児童が増えている理由、それぞれの自治体の取り組みなどをご紹介しています。
子育て世帯の方やこれから子供を持とうとお考えの方などに、参考にしていただければ幸いです。
<スポンサーリンク>

主要都市の待機児童状況記事一覧

東京都の待機児童についてご紹介します。東京都は、全国で最も待機児童が多い場所です。東京都の待機児童数は、平成27年度4月現在で7814人と非常に多く、一部の離島を除き、ほとんどの地域で待機児童がいます。東京都は、全国で最も待機児童が多く、問題が深刻化しています。一時、待機児童が減少した時期もあるのですが、根本的な解消にはいたっていません。待機児童数が多い理由としては、就学前児童数の増加や、保育所の...

大阪府は、全国でも待機児童が多い都道府県の一つです。現在のワースト1は、東京都ですが、大阪府は、2000年以降8年連続でワースト1になるなど、待機児童の問題は深刻化しています。平成27年度4月現在の大阪府の待機児童数は、1365人と全国で4番目に多い数になっています。中でも大阪市は、待機児童数が特に多い地域であり、その数は217人となっていますが、前年度に比べると減少しています。待機児童数は全国で...

神奈川県の待機児童についてご紹介します。神奈川県は、待機児童数が平成27年4月現在625人で、全国で11番目に多くなっています。神奈川県は、毎年ワースト5までに入っているほど、非常に待機児童が多い県ですが、県独自の政策によって、年々減少しています。前年度比で454人減、42.0%の減少率になっており、平成22年以降初めて1000人を下回っており、大幅な待機児童減に成功しています。この背景には、保育...

埼玉県は、全国でも待機児童が多い都道府県の一つで、1097人と全国で5番目に待機児童が多くなっています。埼玉県は、待機児童数の多さでは、常にランキング上位になっており、減少した年もあるのですが、ここ2年ほどの間に増加してきています。埼玉県の待機児童数は、前年度比で192人増加しており、4年連続減少していたのですが、前年度から増加の兆しが見え、平成27年度では、残念ながら待機児童が大幅に増えています...

福岡県の待機児童についてご紹介します。福岡県では、待機児童数が759人と、九州地方では最も多い県です。また、市町村別に見ても、福岡県福岡市が待機児童が多くなっており、その数は295人になっています。福岡県内の待機児童の大部分が福岡市に集中しています。福岡市は、九州地方の中で主要都市であり、働き場所などが多くある反面、それに伴う保育所などの保育施設が必要数に足りていないのが現状です。福岡県で、待機児...

千葉県の待機児童についてご紹介します。千葉県は、平成27年4月現在待機児童数が1646人と、全国で3番目に多い県です。千葉県の待機児童数は、横ばいの状態が続いていたのですが、平成27年度は、かなりの増加になっています。人口の増加に伴い、必然的に子供の数も増えます。そのため、その子供数の増加に保育所の数や、受け入れ可能な人数が追い付いていないようです。人口が増えると、町も活性化し、働き場所も増えるで...

京都府の待機児童についてご紹介します。京都府の待機児童数は、6人と、関西地方では最も少ない人数になっています。京都府は、3年ほど前までは、待機児童数がかなり多く、問題視されていました。しかし、待機児童解消のための取り組みを行い、大幅な減につながっています。待機児童数は、過去3年間で大幅に減少しており、県と市町村の努力が垣間見れます。待機児童数が6人と若干数はいますが、保育施設や受入数の増加などの取...

兵庫県の待機児童についてご紹介します。兵庫県の待機児童数は、942人と関西地方では大阪に次いで2番目に多い県になっています。兵庫県の待機児童は、0歳児が最も多く、次いで1歳児、2歳児、3歳児、4歳児と続き、低年齢になるにしたがって待機児童数が多くなっています。兵庫県の待機児童数は、年々減少していたのですが、平成27年度には、4年ぶりに増加となっています。前年度比では、392人も待機児童が増加してお...

日本全国の主要都市の待機児童状況をご紹介しています。 東京都を始め、大阪府、神奈川県、埼玉県、福岡県、千葉県、京都府、兵庫県の現在の待機児童状況を調べました。 こちらの情報をぜひお役立てください。